できるだけ急がない旅

カメラ片手に自転車でゆっくりニッポンを見てまわるお気楽な人のブログらしきもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

装備品の入れ替え(マイホーム編)

一応、来週の前半から天気が回復してくるという予報なんで、その頃に出発するつもりでいるんだけれどもなぁ。

さて、グータラ生活をしつつも、テント泊。
とてつもなく、ジンギスカンを食べたくなったんで、ジンギスカンセットを用意して人通りの少ない河川敷にテントをたてて、炭火でひとりジンギスカンをしてみたり・・・。
いやいや、ただジンギスカンをするためにキャンプをしていた訳ではないんです。
装備品の入れ替えを考える上でのキャンプですよ。
というのも、現在使っているテント「アライテント/ドマドーム2」
はっきりいって、文句の付けようがない居住性です。
なんていっても、自立する前室が広いので雨天で停滞していても、(メーカーでは禁止しているが)自炊が容易に出来る。
また、荷物をテントに放り込んだ状況での居住性についても非の打ちどころがありません。
強いていうなれば、ちとでかいので狭い軒下だとはみ出てしまうことと、ちょっとだけ重い。(といっても2kg程度。充分に許容範囲だけれどもね。)
そこで、会社勤めをしていた時、山歩きをしたり、ちょっとキャンプをするときに活躍していた「アライテント/ゴアライズ1」を候補に選出して実際に使用してみることに・・・。
このテントの素晴らしい所は、生地がゴアテックスなのでそもそもフライがない。
そんな事で、フライとインナーが引っ付くことによる雨漏りの心配をする必要がないことと、史上最速のテント撤収。
多少、濡れていたってあっという間に撤収できちゃう。
ただ、やっぱり狭い。
さらに、雨風のある日だって自炊がしたい!!

いろいろシュミレーションしてみたけれども、特に雨の日。
ザーザー振りの雨の中でのテン場探し。
自炊派の僕にとっては、ゴアライズだと東屋が欲しいところ。
ドマドームなら、水没しない場所を選んでテントをたてて荷物を入れてしまえばテントから出る用事といえば、水汲みと便所くらいなもの。
やっぱ、このテントでいくべ。

合わせて、シュラフも検討してみたのだが、以降の旅は冬期間の走行はない予定でいるので、厳冬期仕様からスリーシーズンのシュラフへ。(これでかなりのコンパクト+軽量化が達成できる)
あとは、ハンモックね。
ちょっと、考え中・・・。



スポンサーサイト
  1. 2014/06/13(金)|
  2. 準備中
  3. | コメント:0

装備品の入れ替え(カメラ編)

実家に一時帰宅してからは、動物園へいったり友人らと酒を飲んだり、動物園へいったりラーメンを食べにいったり、動物園へいったり酒を飲んだり・・・。
連日グータラしていますが、装備品の入れ替えも進めています。
始めに着手したのは「カメラ」
もう、持ち歩かないから言うけれども、昨年6月のトレーニング期間から持ち歩いているデジイチ重すぎ。
というのも、当時の手持ちのデジカメといえば、GRD4とフルサイズのデジイチ(D700)しかなかったので、前者をちょっとスナップ。後者をメインとして選抜。
メイン機の交換レンズに大きめの標準ズームレンズとマクロレンズ+魚眼レンズを持ち歩いていました。
ささやかながらですが、防犯の意味も込めて公表はしていなかったけれども、その他充電器なども含めて、フロントサイドバックひとつが全てカメラ機材だったという・・・。

ここで、これから旅をしようと考えていてカメラ選びに悩んでいる方々へ助言しよう!
後々、撮った画像を引き延ばして作品にする予定がないのであれば、フルサイズ?いやいやAPSのデジイチすら荷物になるぜ!
極端な話に聞こえるかもしれないが、記録やブログなどにUPするのがメインであればコンデジで充分でないのかな?
1インチなんていうコンデジにしては大型なセンサーを搭載した機種も出ているし、音楽プレイヤーで有名な某メーカーなんかは、それに加えてZEISSレンズですよ。
そもそも『ZEISS』という響きがカッコイイ!
もう、それだけで『良い作品』が撮れる気がするじゃないですか!!

と、ここまでいっておいてなんだが、僕は、マイクロフォーサーズにしました。
センサーサイズだけでいえば、ミラーレスでもAPSが当たり前にある時代なんだけれども、ファインダーがな〜い。
旅の途中、僕の不注意でコンデジが逝ってしまい、すこしセンサーの大きいコンデジを購入して撮影していた屋久島。(実は、屋久島の撮影では、イチデジは一度も活躍していなくこのコンデジのみだったんでないかな?)
この時に悟ったのです。
「やっぱ写真は、背面の液晶パネルを見てでなく、ファインダーを覗いて撮るもんだわ。」
そんな訳で、『1インチセンサー以上で、ファインダーが有る+コンパクト』という場所に着地点を見いだして選定した今回のカメラ機材。(液晶ファインダーに慣れるのはいつなのか解らないけれども。)
重量・サイズともに、イチデジの「大きめの標準ズームレンズ」一個分かもな・・・。
あと、ついでに言っておくと、「カメラが重い=三脚も重い」という事実。
入れ替え前と入れ替え後の機材の総重量たるや酷いもんですよ。

ただ、補足として言っておく事といえば、自分自身、イメージ通りの撮影なんて出来るわけでもなく、「撮った!」というよりは、「撮れた!」という方が適切なカメラの腕ではあるが、その写真がハマった時は、「こんなに重い機材を持って走っていてよかった!!」という達成感はハンパないっす。
  1. 2014/06/12(木)|
  2. 準備中
  3. | コメント:0

私の旅のお気楽さを表現すると・・・。

さて、パッキングもおおかた終了。あと小物が少し残っているけれども、明日の朝だな。
居候部屋となっていた「元・自分の部屋の掃除」も、明日の朝だな。
ということで、明日の昼頃には出発できそう?
だがしかし、天気予報によると明日の午後から雨だそうな。
最近の天気予報はあたらんし、走っても50km程度。
ひょっとしたら、市内中心部のキャンプ場で潜伏しているかもしれない。(今月上旬、旭川へ帰ってきて、自宅へ戻る前に市内のキャンプ場を2カ所利用したけれども、いずれもトイレ・炊事棟きれい。コンビニ、銭湯近し。そして無料!自分なら絶対に休養日に当ててのんびり洗濯なんかをしている!っていうかしていた。)

なんせ、そろそろ出たい。
家にいれば、雨風や風呂。テン場の心配はない。
もちろん、玄関前に暴走族がやってきたことだってない。
朝・昼・晩に、電子炊飯器で炊いた美味しいご飯が食べられる。
wifi常時接続可、冷蔵庫には冷えたビール。
水シャワーではないことを確認しなくていいシャワー。
ひねれば出てくる動物園の自販機なんかで500ml100円で販売されている水道水。
全部が揃っているけれども、ここでは手に入らないものがあるんだな。これが・・・。
なにかは秘密。っていうかボンヤリ見えてきているような気がしていて実は見えていない。
別にずっと見えなくたっていいし、ボンヤリでも見えればラッキー。
旭川では不発に終わった今月中旬の流星群みたいなものかな?
だって、あんなイベントがないと「今晩は星が見えないかな?」なんて期待しながら深夜にカーテンを開けて空を見上げたりすることは、星好きな人以外にそうはいないでしょ?
あのカーテンを開けるまでの『宇宙を相手にワクワクする感じ』は、私の預金通帳や財布にあるお金全部をだしても買えない。(っていうのは、きっとお金を積めば買えるから・・・)
そんな感じなんで、言うまでもないけれども、旅の中に即効性の特効薬を求めていないんだわ。
あれこれつまみ食いして、なんか胃腸の調子が良い調子になったらラッキー!
たまに毒キノコがあるかもしれないけれども、気をつけてさえいれば、悪くても結構きつめの腹痛以上にはならないだろうからその時は我慢。
結構、陥りやすいのが、会社勤めをしている日常と、旅をしている日常を違う列に分けて線を引こうとすること。
そんな器用なこと・・・きっとみんな上手にやっている。
けれども、私には無理。
自分は一人しかいないのにね。

さて、『走り出したいと思った時がハジメドキ』

たいしたないんだから、小物整理と部屋の片付けを済ましてしまおうかな。

出発が一日延期したら、その時はその時ってことで・・・。
水曜日は、私の中では週の前半です。

  1. 2013/08/26(月)|
  2. 準備中
  3. | コメント:2

深夜のサイクリング

ようやく涼しさを感じることが出来るようになってきた北海道。
夜風に当たりながら自転車の試運転へ。
本当は、30分程度を考えていたんだけれども、思いのほか気持ちが良いので2時間ほど走っていたかな?
走行の塩梅は、まぁ〜まぁ〜ってことで『○』

そんな訳で、自転車を走らせていると結構いるのね。
ランナーたちが・・・。
正直、驚きました。
こんな夜遅くに走るか普通?
いやいや、私も『こんな遅くに走るか普通?』の一人でしたけれども。
マラソンは、はまると『毎日走らないと気分が悪い』とは聞いていたけれども、本当だったんですね。
私の場合は、雨が降っているとそれを良い事にキャンプ場に停滞するし、天気が良くたって休養日には一日ダラダラしているタイプですけれどもね。

で、良くないと解っているんだけれども、夜のラーメンはウマイ。
そんな時はこの店!
なかなか賛同してくれる友人がいないのだが、深夜にラーメンを食べたくなったら『ラーメンの山岡屋』ですよね。
以前は、私も言っていました。
『うどんのような麺』だの『豚骨臭くて喰えん』だの・・・。
それが、友人の「だまされたと思って喰ってみ。」と言われて食べた『辛みそネギラーメン中盛り大辛』
「うまい!」
味噌ダレに関しては申し分ないわ。
店内の豚骨臭さにならされるせいか、スープに際立って嫌な要素はなく、うどんのような麺も「そういうものだ!」と思えば、むしろこの脂っこい濃い口の味にあうような気すらする。
最近は、経済的理由で『辛みそラーメン普通盛り』を頼んでいるけれども、今日は『中盛り』にしてやったぜ!
しかも『激辛』でな。
おかげで、定期的にトイレへ駆け込むことに・・・。
『くっせになるあ〜じ〜。ら〜め〜んのやまおっかや〜』は、馬鹿にできんですよ。

という感じで、ようやく出発の準備が整ってきた感じです。
当初は、今週上旬の出発を考えていたんだけれども、ダラダラしすぎたせいもあり今週末。いやいや、来週前半にしておきましょう!
一応、出発はその辺りで考えています。
もうしばらく、このダラダラ日記にお付き合い願います。

  1. 2013/08/23(金)|
  2. 準備中
  3. | コメント:0

旅の道具一式たち

大きな変更はないけれども、装備品の出し入れをしたのでアップしておきましょうか。

大雑把に紹介していくとテント、ロールマット、小物入れ、照明類、ソーラー充電器、蚊取り線香、シュラフ、シュラフインナー、シュラフカバー、ハンモック、入浴・洗顔用品、洗濯用品
※ハンモックを新規導入(案外、暑い日の敷き布団や掛け布団。はたまたテント入り口のスクリーンとしても活躍してくれそうな予感)
小物入れは、大きめのウエストバッグを使用していたけれども、思いの外ストレスになるので途中に出逢った旅人の持ち物をまねた。
ソーラー充電器は、私の充電機器の使用頻度からすると、少し大きすぎかな?
確かに大は小をかねるが、まだ生産されているようならワンランク下でも良いかと思う。
『大きすぎる→出し入れが面倒→使用頻度が下がる』
これ重要。
ちなみに、洗濯のために液体洗剤を使用していたが、台所用洗剤で兼用することにした。最近の台所用洗剤は香りも良い。



次は、フライパン(パエリア鍋?)卵ケース、調味料・油、コーヒードリッパー、ナイフ、木ヘラ、フォーク・スプーン、コルク抜き、まな板、ロースター、ストーブ(ガス)、風防、コッヘル×1+フライパン、ザル、防水袋(食料品の保存用)米、コーヒー、水専用容器、食料類
※実は、北海道編スタートから計量化のため、当初準備していたガソリンストーブは除外した。案外、ガスカードリッチの持ちも良いことがわかったのでストーブはこれ一個で行きたいと考えているが、途中でトラブらないことを熱望する。
他に変更はないが、調味料は塩と醬油、胡椒、一味唐辛子の4種。油は常温では個体のラードが液漏れの心配がないので扱いやすいがスーパーにないことがある。



そして、調理器具と調味料などは、モンベルから出しているプロテクションインナーバッグに入れて道具管理。
本来の用途としてはカメラや精密機器をいれるために緩衝材で出来ているが、『型くずれしない・バッグのサイズにピッタリ』という理由で使用している。
お値段もそこそこ良いのが悩みどころだが、使い勝手が良いのと長い付き合いが出来そうな作りなので満足しているが、100均でも満足できるものがあるのなら、そちらの方が良いと思う。



自転車工具類。
定番の道具たちなのだが、3500kmの走行で、後輪のスポークが3本折れたのにはガッカリだった。しかも、開始一週間で、後輪のギアを抜く工具類を送り返していたので、ちょいとした荒治療をして仮対応。今回は、しっかり持っていく。
そんな訳で、パンク修理キッド、アーレンキー(6角レンチ?)、ドライバー、ラジオペンチ、針金、ビニールテープ、予備チューブ、ブレーキシュー、ニップル回し、クランクを抜く工具、クランクシャフトを脱着する際につかう工具、後輪ギアを脱着する工具、後輪ギアを外す際に押さえる工具、モンキースパナ、薄いスパナ、予備スポーク、リムのセンターを出すために使用する工具。あと、画像にはないがチェーン切り。
『なんだかをする工具』と書いてあるのは解りやすくするためではなく、その名前が解らないからです。工具の名前が解らなくても使い方が解れば大丈夫。
ちなみに、クランクを抜く=取替部品を用意してからの作業だと思うのでこの辺りの工具はいらないかな?なんて思ったが勢いに任せて・・・。



あとは、写真に入れ忘れた物たち。
ジョウゴ、ガムテープ、水中眼鏡、レスキューバッグ、モスキートネット、ポケットザック、テント用タープ、折りたたみ傘、折りたたみ椅子。
※モスキートネットは必需品かもしれない。帯広市郊外の公園をテン場に決め日が暮れてから設営した時の事だが、ものすごい蚊の猛攻にあった。虫除けのハッカ油を使用していてそれほど刺されることもなかったが、その羽音の迫力はちと恐怖すらも感じたので、その後に購入。
だがしかし、準備するとそんな場面には遭遇しないものだが、邪魔臭いものでもないので持って歩いている。
そして、馬鹿にして持っていかなかったが後悔したのが椅子だったので今回は装備品に追加。



以上、大雑把な装備品たちだけれども、PCやカメラ関係は今更なので省略している。
ウェア類は写真に乗せるほどのものでもないので省略したけれども、お値段も良いので財布との相談が必要となるが、アウトドアメーカーの速乾素材を使用した衣類とか、伸縮機能に優れたズボンとか、防水透湿性の雨具とか・・・。
いろいろなメーカーの商品を使用してきた訳ではないけれども、私が使用してきた物たちは価格に見合ったパフォーマンスを提供してくれている。
購入せずして、Tシャツなんかの速乾具合や、雨具の透湿性を体感することは難しいけれども、ズボンの伸縮性くらいならショップへいって試着できると思うが、行き詰まるところ店員との信頼関係を築けるか?というのが肝心のような気がする。

偉そうなことをいう実績があるわけではないが、大抵の人たちは道具の選定には、失敗を繰り返して現在の形になっているんでないかな?なんてことを思う。
だからこそ、旅の途中で出逢うキャンパーの装備品に興味があったりする。

まぁ〜あれです。私は『小物好きキャンパー』の典型です。


  1. 2013/08/20(火)|
  2. 準備中
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

taji

Author:taji
生活をリスタートするため退職をしたことを機に旅へ
2度目となる国内周遊の旅
移動手段:前回と同じく自転車
好きな物:酒と旅
嫌いな事:理不尽
大切にしている事:義理と人情
笑っているかと思えば急に怒りだし、怒ってたと思えばまた笑い出す。
そんな瞬間湯沸かし器のような私が旅をしますが「自分探し」はしません。
※20代前半の頃の体系を取り戻すために、密かにこの旅でダイエット効果も期待している。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
このブログの取扱説明書 (1)
準備中 (25)
コワザとコモノ (3)
北海道 (59)
旭川のこと (3)
北海道② (10)
青森県 (23)
秋田県 (4)
山形県 (8)
新潟県 (7)
長野県 (12)
富山県 (10)
石川県 (10)
岐阜県 (18)
福井県 (9)
滋賀県 (10)
京都府 (34)
兵庫県 (10)
鳥取県 (6)
島根県 (8)
山口県 (33)
福岡県 (21)
大分県 (17)
熊本県 (14)
佐賀県 (8)
長崎県 (31)
鹿児島県 (38)
宮崎県 (7)
広島県 (10)
愛媛県 (20)
香川県 (4)
徳島県 (3)
高知県 (26)
いろいろな事 (10)
岡山県 (9)
大阪府 (3)
奈良県 (3)
和歌山県 (20)
三重県 (18)
愛知県 (8)
静岡県 (8)
神奈川県 (2)
山梨県 (8)
北海道(本編) (67)
岩手県 (7)
宮城県 (3)
福島県 (4)
栃木県 (2)
茨城県 (3)
千葉県 (6)
東京都 (3)
埼玉県 (2)
群馬県 (3)
南の島シリーズ (2)
CAB50の旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。