できるだけ急がない旅

カメラ片手に自転車でゆっくりニッポンを見てまわるお気楽な人のブログらしきもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

さてさて。

長野県から新潟県は上越市に出てから、北上。
海岸沿いの「飛砂注意」という「落石注意」と同じくらいにしようにない注意をさせられ新潟市内へ。
ここで、週間天気予報をみて梅雨入りを悟った私は、迷うことなく新潟→北海道のフェリーターミナルへ。
運良く、この晩に苫小牧東港へ出るフェリーがあったのでそちらへ乗船。
夕方18時前に踏んだ久々の故郷の大地。
そんなに感動はありませんでした。
まぁ、まだまだ旅の途中なんでね。
これから、実家のある旭川市まで180km。
「いっちょう、ナイトライドで帰ってやるか!」と意気込んでみたのですが、有り難すぎる南風の支援もあり想像を絶するハイアベレージで北上。
このままのペースだと、市内トップクラスの心霊スポットに最も深い時間に通過+長いトンネルを迂回するためにある真っ暗なサイクリングロードを走る+家に帰ってもだれも起きてねぇ〜。
ということで、60km手前で終了。
翌日に、実家へ到着して今に至る訳ですが、夕方から夜中の0時までのナイトライドの経験は、後々「どうしても深夜に走らなくてはならない」という状況に陥った場合の良い経験になったかな?

現在の予定では、来週まで実家で休養+装備品の入れ替えなどを行ってから、今度はトレーニングではない本編の北海道一周を開始予定です。
出発までの間に、なにか旅に関連するような内容(または、なんとなくな内容)があったら、UPしてみようかな?

スポンサーサイト
  1. 2014/06/09(月)|
  2. いろいろな事
  3. | コメント:4

ガリガリ君リッチ

コンビニのアイスコーナーで見かけた気になる奴。
『ガリガリ君リッチ・シチュー味』
当たり障りのないというか、無難というか・・・。
どうせなら、コーンポタージュ味の時のような強烈なインパクトが欲しい。



  1. 2014/05/18(日)|
  2. いろいろな事
  3. | コメント:0

玄米ご飯

ちょうど、白米と押し麦の両方が切れたので、スーパーに買い出し。
すると、玄米が売っていた。
「玄米を食べておけば一通りの栄養素が賄うことができるかも?」という話を聞いていたので、試しに買ってみたが、炊き方がつかめない。
初めての時は芯が残り、次はベチャベチャ。
あれこれ試してみて、それなりに炊けるようになった。

米を水に潤かす時間と、充分な蒸らしが鍵を握っていそうだわ。


  1. 2014/04/25(金)|
  2. いろいろな事
  3. | コメント:2

四国カルストへ行こう!

最初にいっておくが、僕はヒルクライムが好きなタイプではない。
どちらかというと、なるべくUP/DOWNを避けて自転車を走らせるタイプで「道路は全て下り坂ならいいのに」と思っている。
そんな僕が、阿蘇へいってみたり、四国カルスト辺りに来ることになったのは、旅の途中にあったトレーニングと称して貰い物の折りたたみ自転車で沖縄から近畿へ「絶景をみたい!」という好奇心だけで、野を越え山越えて旅をしていた、リアカーマンとの出会いからだろうな。
彼の事はそのうちに詳しく触れることがあるような気がする。
とにかく「不屈の闘志」という言葉がぴったりな青年だ。

さて、四国カルストである。
なんで行きたいと思ったんだろう?
実は、その動機は定かではない。
でも、なんか行ってみたくなった。
坂が大変だと聞いた。
それなら、行けるところまででいいじゃないか。
駄目だったらレンタカーを借りていってもいい。
僕に『不屈の闘志』はない。
僕が、自転車を漕ぐのに燃やすのは、闘志ではなく脂肪だけだ。
ルートは宇和島市の道の駅からR320で鬼北町日吉へ向かい、そこからR197に入り愛媛と高知の県境を超えて檮原町へ。
ここまでは急勾配はなく、感覚では6〜8%くらいだろうか?
ここまでの距離が50キロ強だったので一泊でも良かったのだが、前日は雨で一日中、宇和島市で休んでいた僕の脚は思いのほか元気だったので、大規模林道で四国カルスト姫鶴平(およそ30km)へ向かう。
まぁ〜想定内ではあるが登りが続く。
ギヤを一番軽くしてだが、一応ペダルを漕いで上がっているので、勾配が8%位の登り坂かな?
途中、勾配が緩くなる場所はあるのだがやっぱり登っている。
ひたすら登り続けてトンネルを越えると頼んでもいないのに下り坂。
標高で200mも降ろされた時には、再び登らなくては行けなくなった200mが恨めしく思い、本気で「橋を架けようぜ!」と念じた。そして、この辺りから当面の目標となる天狗荘までの残り距離を知らせる看板が現れる。
県道が横断する交差点を超えたら天狗荘まで5kmだったかな?
とにかく、登ろう!
勾配が8%なら1km走ると標高が80m上がることになる。
この時の平均時速が毎時6km
10分間で標高が80m。さっき降りてきた分を取り返すのに、30分近くを要することになる。
本当に「橋を架けようぜ!」
そんなことをブツブツいいながら登っていたこの時は、この後に待っている坂を知らない。
ちょいちょい現れる天狗荘までの残り距離。
それが3km辺りから、今までの登り坂とは違ってくる。
『うへぇぇ〜。』といいながら、久々に立ち漕ぎ。
途中、自転車に跨ぎながら水分補給をしたりアンパンを食べたり、呼吸を整えたり・・・。
ふと目にした勾配標識が、まさかの『11%』
一日の走行の終盤で、この仕打ちは酷すぎる。
とはいっても、前に進まないことには仕方ない。
手押しをするよりは、立ち漕ぎでもなんでもペダルを漕いだ方が楽なのでひたすら我慢をして登り続け、ようやく天狗荘に到着!!
と思ったが、冷静に考えると天狗荘は通過点で、僕の目的地は姫鶴平。
一瞬、天狗荘からは割となだらかな道のりかな?と思わされるが、まさかの急坂が!!
そんな長い距離ではないけれどもね。
この坂の先にある電灯のないトンネルを超えたら・・・。

今までの登り坂の事なんか忘れてしまった。



翌朝、キャンプ場のテーブルでルートを思案。
地芳峠から進路を北へかえて松山方面へ向かうことも考えたが、せっかくなので四国カルストを満喫するために、林道を走り大野が原へ向かい、ルートを県道へ移してからは舟戸川という川沿いに降りて西予市野村町R197へ。
大野が原までは多少のUP/DOWNはあるけれども、それ以降は不安になるほど降り続けるので、ブレーキパットの残量チェックは忘れずに・・・。
  1. 2014/04/15(火)|
  2. いろいろな事
  3. | コメント:3

走りたい。

実は、先日の屋久島があまりにも楽しすぎて、島を出てからモチベーションが下がったままだった。
そんな中、自転車の後ろの変速機が吹っ飛ぶ。
なんていいタイミングなんだ。
これで、一旦地元に帰る理由ができた!
と思ったが、不幸にも呆気なく自転車のプロショップが見つかってしまい、修理可能。
完全に退路は絶たれた。
部品の納期3.4日。
今日で3日目。
遅くても明日には修理が完了するだろう。
この3日間であるが、馬鹿に天気が良い。
どの位よいかというと「青い空と飛行機。桜島と満開の桜は見飽きた。」
それほど天気が良い。
つい先日まで、旅のモチベーションを下げ一旦、地元に帰る理由を探していた癖に、今は「とにかく走り出したい!!」
と思っている。

何が言いたいのかというと・・・。
たくさん難しい本を読んで成功の仕方を論じ合っている賢い輩にはわかるまい。
知りたくもないってか?(笑)

とにかく、近々、本当の再始動です。

DSC_0222.jpg

すっかり見飽きた河川敷公園からの桜と桜島


  1. 2014/04/02(水)|
  2. いろいろな事
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

taji

Author:taji
生活をリスタートするため退職をしたことを機に旅へ
2度目となる国内周遊の旅
移動手段:前回と同じく自転車
好きな物:酒と旅
嫌いな事:理不尽
大切にしている事:義理と人情
笑っているかと思えば急に怒りだし、怒ってたと思えばまた笑い出す。
そんな瞬間湯沸かし器のような私が旅をしますが「自分探し」はしません。
※20代前半の頃の体系を取り戻すために、密かにこの旅でダイエット効果も期待している。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
このブログの取扱説明書 (1)
準備中 (25)
コワザとコモノ (3)
北海道 (59)
旭川のこと (3)
北海道② (10)
青森県 (23)
秋田県 (4)
山形県 (8)
新潟県 (7)
長野県 (12)
富山県 (10)
石川県 (10)
岐阜県 (18)
福井県 (9)
滋賀県 (10)
京都府 (34)
兵庫県 (10)
鳥取県 (6)
島根県 (8)
山口県 (33)
福岡県 (21)
大分県 (17)
熊本県 (14)
佐賀県 (8)
長崎県 (31)
鹿児島県 (38)
宮崎県 (7)
広島県 (10)
愛媛県 (20)
香川県 (4)
徳島県 (3)
高知県 (26)
いろいろな事 (10)
岡山県 (9)
大阪府 (3)
奈良県 (3)
和歌山県 (20)
三重県 (18)
愛知県 (8)
静岡県 (8)
神奈川県 (2)
山梨県 (8)
北海道(本編) (67)
岩手県 (7)
宮城県 (3)
福島県 (4)
栃木県 (2)
茨城県 (3)
千葉県 (6)
東京都 (3)
埼玉県 (2)
群馬県 (3)
南の島シリーズ (2)
CAB50の旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。