できるだけ急がない日常

カメラ片手に自転車でゆっくりニッポンを見てまわってみたお気楽な人のその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

一人や二人。

どんな世界にでも、みんなと違う方向を向きたがる輩っていうのはいるもんだわ。



北竜町・ひまわりの里公園にて
スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水)|
  2. 自転車の旅

持っている?持っていない?

太陽のような花『ひまわり』がこんなに咲いているのに曇天だなんて・・・。
さすが俺。



北竜町・ひまわりの里公園にて
  1. 2013/07/31(水)|
  2. 自転車の旅

北海道一周の完了

『6月1日』
ここに着いて、始まった北海道一周。
ちょうど2ヶ月間ですね。

さすがに、この晩は飲み過ぎたわ。

お盆も近づいてきたので、ぼちぼち旭川に向かって走りますが、ちと富良野方面へ寄り道していきます。



留萌市・黄金岬にて
  1. 2013/07/30(火)|
  2. 自転車の旅

我慢しきれず

支出の分類は『雑費』です。



小樽市・潮祭り会場にて
  1. 2013/07/28(日)|
  2. 自転車の旅

大盛り

自転車で旅をする人がいくら大食いだと言われてもこれはね。
頑張れば、1/4はいけるかな?



小樽市・潮祭り会場にて
※屋台の撮影前には、店主に一言挨拶を。大抵は快く撮影の承諾してくれますよ。
  1. 2013/07/28(日)|
  2. 自転車の旅

今年の顔

説明文不要。



小樽市・潮祭り会場にて
※屋台の撮影前には、店主に一言挨拶を。大抵は快く撮影の承諾してくれますよ。
  1. 2013/07/28(日)|
  2. 自転車の旅

晴天!!!

どうだ!こんにゃろー!!
青空だ!積丹ブルーだ!!



積丹町・神威岬にて
  1. 2013/07/27(土)|
  2. 自転車の旅

磯遊び

やり始めると、子供より大人の方が夢中になるもんだよね。



積丹町・島武意海岸にて
  1. 2013/07/26(金)|
  2. 自転車の旅

曇天続き

昨日は強風。
今日は、通り雨と曇天。

近頃は、曇天の空に敷き詰められた雲すらも素敵に感じるようになってきたわ。



蘭越町・通りすがりの海辺にて
  1. 2013/07/25(木)|
  2. 自転車の旅

旅立ち

みんな羽ばたいていったんだなぁ。



厚沢部町・レクの森キャンプ場にて
  1. 2013/07/23(火)|
  2. 自転車の旅

しっとりテントサイト

今日は一日雨でした。
ずぶ濡れになったサイクリストが1名やって来ました。
降りしきる雨の中で、テントを設営し荷物をテントにいれ・・・。
一通りの作業を終了して十数分後。

『信じられへん!』

ずぶ濡れになってやってきたサイクリストの声を聞き、テントを開けてみると雨が上がっていました。
その時の一枚。

たまには、そういった日もあるさ!
そして、明日は我が身です。



厚沢部町・レクの森キャンプ場にて
  1. 2013/07/22(月)|
  2. 自転車の旅

夕日。

300円という格安の温泉で汗を流して、晩飯の準備中。
目紛しく変化する空の色や雲の形。

夕暮れ時に晩飯の準備をするのはやめる事にします。



江差町・道の駅にて
  1. 2013/07/21(日)|
  2. 自転車の旅

天日干し

『天日干しの方が味がいいんだよねぇ〜。』

『機械干しだと燃料代がかかるから』というのが正解らしいです。
理想と現実とはいつだって少しだけ違うものです。※とあるミュージシャンの唄の歌詞より。



松前町・通りすがりの道端にて
  1. 2013/07/20(土)|
  2. 自転車の旅

海の向こうへ

ちと解りにくいけれども、左上にうっすらと見えるのが竜飛崎でしょう。
9月になるだろうけれども、10数年振りだわ。
『大音量の津軽海峡冬景色』のスイッチを押すのが今から楽しみです。

まずは、道内一周。



松前町・どこかの港にて
  1. 2013/07/20(土)|
  2. 自転車の旅

訂正

自転車だから気がついたり、立ち止まれる風景。

ありました。



松前町・どこかの海岸にて
  1. 2013/07/20(土)|
  2. 自転車の旅

脇道

「自転車だと、自動車では見逃してしまいそうな景色でも見えるからいいね。」
なんてことを言われるが、本当にそうなのか?
自転車で移動している私自身がもつ疑問だ。
峠道の登りを自転車で走っている間の僕の頭の中を分析すると
『登り坂での苦痛が90%、昼飯もしくは休憩する場所6%、今晩の野営場所3%、その他のこと1%』
これが、下り坂になれば
『下り坂での爽快感が80%、今晩の野営場所10%、昼飯もしくは休憩する場所5%、他のこと5%』
平坦な道路を走っている時以外は、かなり偏ったデータとなるし、昼飯と夕飯前なんかは食べる事しか考えていない。
したがって、『ゆっくり風景を見ながら旅をしたい』のであれば、原動機付きの乗り物で時間にゆとりをもって移動するべきだ!
『自転車』という乗り物を選択するのは大間違いである!

と、おもう。

で、大沼の脇を通る国道5号線を走行中、引き寄せられるように入っていった脇道。
全体的に曇天続きの旅になっているせいか、それはそれで楽しめるようになってきた近頃だったりする。



七飯町・大沼にて
  1. 2013/07/19(金)|
  2. 自転車の旅

毎度、立ち止まる風景

北海道の海岸線を走っているとありふれた風景なのだが、初めて自転車でこの風景を見たときも、自動車で道南方面へきた時も、そして今回も・・・。
必ず、立ち止まる風景ってのがある。
残念ながら、今回は曇り空だったが、なんか好きな風景。



長万部町・国道37号線にて
  1. 2013/07/18(木)|
  2. 自転車の旅

秘境駅

私は、『鉄道ファン』というわけではないのだが・・・。
いつぞや、テレビで見た事のある駅。
以前は列車のすれ違いのために使用された駅だったが、今はもうその役目を終えた駅。
1面は、海。それ以外の3面は山。
『列車でしかいけない』とされているが、実は、徒歩でもいけるみたい?
トンネルとトンネルの間にポツリとある駅に下りるのは、鉄道ファンの他に、たまに釣り人がいるだけだとか・・・。
旅の移動に疲れたならば、時にはこんな空間へいってみるのもいかが?



豊浦町・小幌駅にて
※駅以外には、JR保線所の倉庫が2棟あるだけだが、ローカルはもちろん、特急・貨物列車は通常通り通過していくので油断しないこと。ホームで「ボー」としているとき目の前1m未満の場所を特急や貨物列車が通りすぎていくと、一人なのにも関わらず思わず「おっかねぇ〜!」と漏らしてしまうほどだった。通過列車が接近した際には、放送でアナウンスが入る。
続きを読む
  1. 2013/07/17(水)|
  2. 自転車の旅

夕日

旅をする者は、老若男女問わずロマンチストでなくてはならない。
勝手にそういうことにしている。



道の駅みたら室蘭にて
  1. 2013/07/15(月)|
  2. 自転車の旅

鉄のまち

『もの作り出す力を持った街』というのがとても好きだ。
オイルや鉄サビのにおい。
切削機械や加工機器の大きな音ですら愛することができる。



室蘭市内にて
  1. 2013/07/15(月)|
  2. 自転車の旅

寄り道

港開港50周年ということで、大型練習帆船がやってきてました。



苫小牧市・北埠頭にて
  1. 2013/07/15(月)|
  2. 自転車の旅

nonisakuhana

『なんにもない』とするかしないかは、『見る人』次第なんでしょうね。
まぁ〜、花の名前はしらんけれども・・・。



えりも町・襟裳岬にて
  1. 2013/07/13(土)|
  2. 自転車の旅

グルグル。

『風』をイメージしているのでしょう。



えりも町・襟裳岬「風の館」にて
  1. 2013/07/13(土)|
  2. 自転車の旅

北海道の背骨

大昔、東のプレートが西のプレートにせり上がって出来たのが日高山脈で、地質研究だかなんだかしらんが、とにかく学術的には、この日高山脈とエベレスト、ニュージーランドのなんだかが有名なんだとか?という話を、日高の山小屋で聞いたことがある。
難しすぎてよく解らない話だが、それ以降この岩礁郡を見ると『なんにもない』なんて言えなくなったわ。



えりも町・襟裳岬にて
  1. 2013/07/13(土)|
  2. 自転車の旅

happy

みんな『幸せ』になりたいんだな。



帯広市・幸福駅にて
※先日、破損した自転車のスポークを購入するために立ち寄った自転車屋さんのご夫婦によると、「老朽化によって維持が困難になったので、近年中に建て替えるらしい。」という話らしい。 
  1. 2013/07/10(水)|
  2. 自転車の旅

悪路

せっかくMTB用のタイヤを履いているのだから。



足寄町・オンネトーから露湾方面へ向かうダート道にて
※どうしようか迷っていたルート。阿寒温泉街近郊にあるキャンプ場で「こっちからだと4・5kmの下りダートだよ。」と教えて頂いたので決定。アオダイショウが姿をみせる賑やかな通り。クロネコ(宅配便)だって走っている。
  1. 2013/07/08(月)|
  2. 自転車の旅

北海道3大秘湖

水面の波がおさまれば、雌阿寒岳・阿寒富士が湖面に映し出され・・・。
こういったものは、一度や二度訪れただけで見られないところに見れた時の感動があるもんさ。
まぁ〜、一発目で出逢っちゃう人ってのもいるんだけれどもね。



足寄町・オンネトーにて
  1. 2013/07/08(月)|
  2. 自転車の旅

丘を越える。

まさか、一日中繰り返すことになるとはね。



鶴居村から旧阿寒町へ向かう国道274号線にて
  1. 2013/07/07(日)|
  2. 自転車の旅

旅30日間を考える。

とにかく『走れん!』
20代前半の時の様に、トレーニング無しでバリバリ走れるとは思っていなかったが、それにしても走れん。
旅を始めて3週間目くらいから、多少の登り勾配なら一定のペースで走れるようになり、小さな峠をこなすたびに「そこそこ走れるようになってきたなぁ〜。」と感じていた。
そんなある日。斜里からウトロを目指す道中に、荷物を満載にした青年が涼しい表情で後続から挨拶をしてくれた。
少しの間、一緒に走るがちょいとした登り坂になるとやはり減速してしまう自分に合わせてもらうのが申し訳ないので、この後にある峠を越えたキャンプ場で再会することを約束して先にいってもらうことにした。
『知床峠』
およそ15㎞。ダラダラと登りっぱなし。
自転車のペダルを漕ぎ漕ぎ。
歩くような速度で登る。
たびたびペダルを漕ぐのをやめ、自転車にまたがりながら水分補給。
再び、ペダルを漕ぐ。
『1㎞/10分』
計算が楽なので、スピードメーターの距離計に目をやると残り時間がすぐにわかる。
しかし、あまりの遅さのため走行中にメーターを見るとハンドルが右へ左へ暴れようとするので、走行しながらのメーター確認は、すぐにやめることにした。
つきなみではあるが、ペダルさえ漕いでいれば必ず頂上へ到着する。
その後は、自転車で登り切ったものだけに与えられるご褒美を満喫。
毎度のことではあるが、残念ながらこの時間はあっという間に終わる。

急ぐ旅でもないし、ゆっくりと身体を作っていくつもりで始めたので、旅自体はとても順調だ。
6月上旬は「2日走って一日休むペース」だったのだから、ここ数日は3日走って一日休むペース」になったことだけを見ても大躍進である。
しかも、着実に一日の走行距離はのびている。

人間、仕事もしないで自転車を漕いでいれば体力もつくってもんさぁ。

  1. 2013/07/03(水)|
  2. 自転車の旅

カッコイイ言葉

酒盛りをして、大親友の親方が話題に出てくるとチョイチョイ出てくるカッコイイ言葉に『晴れない霧はない』というのがある。
この言葉には、前後関係のいきさつがあるのだが、面倒くさいので伝わるだろう!ということにして、そこは省略してしまう私。
最東端の町を後にしてからは、とにかく霧に悩まされている。
洗濯ものどころか、テントも乾かない。
寝袋はシットリ。
「今日の霧はそうそう簡単に晴れんべ!」
と、ふんでいたのだが、出発2時間後に霧は晴れた。
そして公園発見!
そんな時は、1時間休憩をして洗濯です。



厚岸町・国道44号線にて
  1. 2013/07/03(水)|
  2. 自転車の旅
次のページ

プロフィール

tabitaji

Author:tabitaji

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車の旅 (649)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。