できるだけ急がない日常

カメラ片手に自転車でゆっくりニッポンを見てまわってみたお気楽な人のその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

紅葉と雪

ひょっとして、地域によっては紅葉と雪とクリスマスがいっぺんにやってくる場所もあるのか?
欲張り過ぎだろ。



英彦山神宮
スポンサーサイト
  1. 2013/11/29(金)|
  2. 自転車の旅

英彦山?

英彦山とかいて「ひこさん」と読むそうです。
ていうか、神社率高すぎっていうか神社を廻る旅になっていないか?



英彦山神宮
  1. 2013/11/29(金)|
  2. 自転車の旅

ゴメン。
雪に対する感動がなくって・・・。
地元の人に言わせると「英彦山は雪が積もっていたでしょ?」だってさ。
この程度の積雪のことを、私たちは「雪が路肩に残っている」といいます。



英彦山を通る国道
  1. 2013/11/29(金)|
  2. 自転車の旅

カムバック福岡県

別府から湯布院の30km上りっ放しで多少の自信がついたので強気で向かった峠。
奥の看板になんかの規制が出ているけれども気にするな。


  1. 2013/11/29(金)|
  2. 自転車の旅

案山子

気がついたら大分県に入っていたんだわ。
ていうか、ここら辺の案山子のクオリティ高すぎだろ。



山国町・たぶん花咲か爺さんを表した案山子たち
  1. 2013/11/29(金)|
  2. 自転車の旅

なんとなく。

昨日だけでも、結構下りてきたつもりだったんだが、今日もまだ続く下り坂。
案外、上がっていたのね。
ということで、天気もそこそこ良い感じで気分よく走っていると「おぉっ!」という光景に思わずパチリ。
こんな余裕があれば、やまなみハイウエイも走り抜けられたのかもしらんな。



日田市かな?のどっか。
  1. 2013/11/28(木)|
  2. 自転車の旅

断念

『別府から湯布院、やまなみハイウエイ、阿蘇、大観峰へ』
さて、結果から申しますと半分も達成できずに断念。
2日目の行程であるやまなみハイウエイの真ん中に位置する場所で心が折れた。
というか、九州の山間部を完全になめていました。ゴメンナサイ。
簡単に説明しますと、手袋を完全に濡らしてしまったのが敗因。
今回のルートに入る前に、リタイアした場合の抜けるルートを何カ所か模索していたので、そちらの利用して一気に駆け下りてきた。といったところです。
ていうか、完全に私の力不足ですね。
寒気がどうのとか、天候がどうのってもの、体力が備わっていれば解決できたはずなんでね。
気合いで乗り切るってのも有りだったかもしれないですが、もともと私に「気合い」というものは備わっていないのはいうまでもないこと。
という訳で、このまま阿蘇とやまなみハイウエイを見ないで終わるのも、心残りになってしまうので、旅を続けていれば訪れるであろう来年の春頃にもう一度挑戦です。
  1. 2013/11/27(水)|
  2. 自転車の旅

熊本県へIN

濡れたグローブに、下り続けた坂道。
ほんとに寒かったんだ。
カメラなんか出す余裕がないほどに・・・。
だから、こいつで勘弁してくれ。


  1. 2013/11/27(水)|
  2. 自転車の旅

真っ白

「夕方から降るらしい雨」(道の駅であったオッサン情報)が昼前に到着。
上下レインウエア+ポンチョ。
雨なのか?ガスなのか?
グダグダ文句をいっても仕方ないので、黙々とペダルを漕ぎ続けます。
さて、ここからの眺め。
たいして良いそうですわ。



大分県最高標高だったけな?
  1. 2013/11/27(水)|
  2. 自転車の旅

いくぜ!やまなみハイウエイ

この時は、まだ展望がきいたんです。



やまなみハイウエイ
  1. 2013/11/27(水)|
  2. 自転車の旅

ヤツが現れる。

なんていう山だったかな?
まぁ、なんでもいんだけれども、山頂に乗っているのは紛れもなくヤツでしょう。
ていうか、30km以上登りぱなしとか本当にやめて欲しいわ。



なんだかっていう山の麓を走る県道
  1. 2013/11/26(火)|
  2. 自転車の旅

思い立ったら行ってみよう!

当初、別ルートから入る予定だったんだけれどもね。
やまなみハイウェイと阿蘇の道へいくために別府から湯布院へ。
途中の展望台で別府市を一望。
ちとわかりにくいけれども、天気が良かったこともあり四国まで見えたんだぜ!



別府市・どっかの展望台
  1. 2013/11/26(火)|
  2. 自転車の旅

町並みをぶらり

杵築城城下をぶらり。
城下町とは関係ないが、なんとなくパチリ。



杵築市・杵築城下町並みにはずれかな?
  1. 2013/11/25(月)|
  2. 自転車の旅

夕日

あまりにも男らしい夕日っぷりだったので、久々に立ち止まって眺めて見ました。
おっと!今日の寝床予定場所まで10km少々。
いそがねば。



豊後高田市の海岸沿いにある国道
  1. 2013/11/24(日)|
  2. 自転車の旅

願いと賽銭

宇佐神宮が何の神様なのかはよくわからんけれども、なんとなく寄ってみたら、雰囲気の良い神社でした。
このスーツ姿の男性も、賽銭を投げ入れ願いを込めたのでしょう。



宇佐市・宇佐神宮
続きを読む
  1. 2013/11/24(日)|
  2. 自転車の旅

大丈夫。大丈夫。

肝心なのは思い。
神様は、細かいことを言わんよ。



宇佐市・宇佐神宮
  1. 2013/11/24(日)|
  2. 自転車の旅

大分県にIN


  1. 2013/11/24(日)|
  2. 自転車の旅

特に深い意味はないんですが。

とある駅で温泉情報を収集していたら、ホームにローカル列車。
なんとなくパシリ。



どっかの駅
  1. 2013/11/23(土)|
  2. 自転車の旅

寝床

時にはハンモックをハンモックとして・・・。
なんのこっちゃない。
例の「横になれないベンチ」だったんでね。



門司市門司駅前
  1. 2013/11/23(土)|
  2. 自転車の旅

福岡県にIN


  1. 2013/11/22(金)|
  2. 自転車の旅

お・や・く・そ・く

正直いってここに来るまで、ずいぶん迷ったわ。
九州へ渡るためにはどうしてもこなくてはなんからね。



下関市・関門橋の下
  1. 2013/11/22(金)|
  2. 自転車の旅

まだまだ

いつぞやの終わり始めていた秋桜。
たぶん、標高が高かったせいだろうね。
まだまだ、頑張っていたわ。



下関市・どっかの路肩
  1. 2013/11/22(金)|
  2. 自転車の旅

この海好きだなぁ。

「どこが?」と聞かれると解答できないんだけれども『なんか好きな海』というのがあってもいいだろ。



下関市・日本海の海
  1. 2013/11/22(金)|
  2. 自転車の旅

風紋と足跡

なんだべねぇ。



角島にあるどっかの砂浜
  1. 2013/11/21(木)|
  2. 自転車の旅

話題の場所。

前評判が良すぎたので期待はしていなかったんだけれどもね。
思いのほか気持ちの良い道でした。
とさ!



豊北町・角島大橋
  1. 2013/11/21(木)|
  2. 自転車の旅

最期?それとも・・・。

つい最近まで、黄色い花びらをつけて、まるで太陽のように振る舞っていた君だよな?
たぶん・・・。



長門市・どっかの路肩
  1. 2013/11/21(木)|
  2. 自転車の旅

花咲か○○。

街道に花を咲かせましょう!



長門市の温泉街
  1. 2013/11/21(木)|
  2. 自転車の旅

ベルトコンベヤ?

なにをどこまで運ぶの?



美祢市のどっか
  1. 2013/11/19(火)|
  2. 自転車の旅

とかなんとかいっちゃって。

一応、見ておきましょうね。秋吉台の風景。
なんていったけな?
珊瑚がどうのとか、石灰岩がどうの?
そんなのは、私にとってはどうでもいいことなんです。
なんかすごいぞ!秋吉台



美祢市・カルストロード
  1. 2013/11/19(火)|
  2. 自転車の旅

これでいいんじゃない?

降ったりやんだりの天気。
昼食をとっていると、山ガールらしき女の子が「キャッキャ!」いいながら駐車場へ。
「この前〜あの森の中に入ってみたらすごく良くてぇ〜」
長者の森の事っすね!
でも、しばらく歩いていかなくちゃならんのでしょ?
と、その山ガールを見ていると、おやおや?
そんなところにアンダーパスが・・・。
カメラを片手にノコノコとついていった私。
それはそれは、襟を正さなくてはならないような場所でした。



美祢市・長者の森
  1. 2013/11/19(火)|
  2. 自転車の旅
次のページ

プロフィール

tabitaji

Author:tabitaji

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自転車の旅 (649)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。