できるだけ急がない旅

カメラ片手に自転車でゆっくりニッポンを見てまわるお気楽な人のブログらしきもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

京都と英語と私。

どこへいっても外国人が多い京都。
地図を広げてアーでもないコーでもないといっている外国人2人組。
ヨシ!!中学生の頃の英語の評価が『3』という極めて平均点(ちなみに、高校の英語は授業の内容は全く覚えていない。)という語学力でグローバルな社会へ突入だ!!
と、思い立っちゃった僕。

 僕 「あ〜〜。トラブル?」
「お困りですか?」的な適切な英単語を思い浮かばなかった僕の口からでたのはこれだった。
外国人「オ〜!ヤ〜。」
(おぉっ!なんか伝わったぞ。せっかく、京都に来たんだから何でも聞いてくれ。オレも良くしらんけれども。)なんて思っていたら、次に聞こえた彼らの言葉にガックシ。
外国人「ユー なんちゃらかんちゃら トラベル?」
「トラブル」って聞いたつもりが、「トラベル」になっちまったんかよぉ〜。
それからは、相手はフランスからきただの、僕は北海道からきて何ヶ月だの中学1年生程度の英会話で対応し、けっして「トラブル」が「トラベル」と伝わってしまったことは悟られないように徹したのであった。

僕は京都で誓った。
『二度と日本国内で、こちらから外国人には話しかけん!』



京都市・平安神宮

スポンサーサイト
  1. 2014/04/30(水)|
  2. 京都府
  3. | コメント:4

足腰はお大事に。

足腰の神様っていっていたっけなぁ。
永遠のテーマなだけに希望者多数。



京都市・なんとなく立ち寄った護王神社

  1. 2014/04/29(火)|
  2. 京都府
  3. | コメント:0

解かれた謎

今回の旅が始まったころからの謎だったんです。
屋根の角から垂れ下がっているアクセサリー。
魔除けかな?それとも、単純にデザイン的なもんかな?
だって、北海道の神社では、見た事がなかったのだもの。



京都市・白峯神宮

  1. 2014/04/29(火)|
  2. 京都府
  3. | コメント:0

雨の中で。

初めてかな?
ザーザーと降る雨の中の神社ってのは・・・。
それなりにゆったりとできるもんです。
なんてことを言えるのは、ずいぶんと暖かくなった証だな。

DSC_1051.jpg

京都市・白峯神宮
  1. 2014/04/29(火)|
  2. 京都府
  3. | コメント:0

通りすがりの神社で。

なんだかっていうドラマになった神社だとかってことで観光客が沢山くるそうです。



京都市・晴明神社
  1. 2014/04/29(火)|
  2. 京都府
  3. | コメント:0

カムバック京都

こんな光景をみると、京都に来たな。って感じがする。



京都市南区・東寺
  1. 2014/04/28(月)|
  2. 京都府
  3. | コメント:0

やっぱり静かなのがいい。

今更ではあるが、旅のルートを決めるのに神社を廻ってみたりしている。
その中で、御朱印を集めると「スタンプラリー」みたいな気分になってしまう自分にとっては、それは避けたい。
詳しいことはよく解らないが「一之宮」という神社を廻る旅人も多い様子だが、そこまでのめり込んでいる訳でもない。
そもそもが、神社を廻る第一歩は、福井県の氣比神宮が始まりで、ホッとする空間が良かった。
その後は、なんとかくよってみた宇佐神宮や、寒さに断念したやまなみハイウェイからルート変更をして向かった中にあった英彦山神宮。
特に後者は、雪の残るその雰囲気に魅了された。
この辺りから少しだけ意識するようになり今に至るというわけなんだが、なんで神宮なのかって?
だって、『神宮』っていう響きが強そうでカッコイイからよ。



三島郡島本町・水無瀬神宮
続きを読む
  1. 2014/04/28(月)|
  2. 大阪府
  3. | コメント:0

昭和の光景

僕がガキンチョの頃、まだ旭川の国劇劇場にもあったような、無かったような・・・。



新世界の劇場
  1. 2014/04/27(日)|
  2. 大阪府
  3. | コメント:4

定番の・・・。

やっぱ、新世界の通天閣かな?
前回の国内周遊の時に、沖縄で知り合った旅人にディープな大阪の光景No.1として教えてもらった天王寺動物園の間にある路地。
カラオケをやっていたり、それの唄で踊っていたり・・・。
あの時も、GW真っ只中だったんで混雑する動物園を早めに切り上げて、そっちに行ってみたっけ。
今は、全て撤去されてしまっていた。
地元のオジサンに聞くと不法営業だったんだってね。



よくテレビで見る構図
続きを読む
  1. 2014/04/27(日)|
  2. 大阪府
  3. | コメント:0

変わらない光景

10年以上振りになった淡路島。
まず、ビックリしたのは全国展開しているコンビニと大手デパートが進出していたことかな?
「ずいぶん開けたもんだなぁ」なんて思っていたけれども、商店街は以前にきた雰囲気を残していたので少しホッとしましたとさ。



淡路島・岩屋商店街のどっか。

  1. 2014/04/26(土)|
  2. 兵庫県
  3. | コメント:0

特産物

淡路島はタマネギが特産だったとは・・・。
来てみないと解らんもんだわ。
今は、新たまの季節らしいんですが、いかんせん一袋の量がね・・・。



淡路島のどっかの畑

  1. 2014/04/26(土)|
  2. 兵庫県
  3. | コメント:0

清めよう!

最初はチンプンカンプンだった手水舎の作法も、近頃は自然に出来るようになりました。



淡路島・伊弉諾神宮
  1. 2014/04/26(土)|
  2. 兵庫県
  3. | コメント:0

『伊弉諾』

これで『いざなぎ』と読むそうです。



淡路島・伊弉諾神宮
  1. 2014/04/26(土)|
  2. 兵庫県
  3. | コメント:0

玄米ご飯

ちょうど、白米と押し麦の両方が切れたので、スーパーに買い出し。
すると、玄米が売っていた。
「玄米を食べておけば一通りの栄養素が賄うことができるかも?」という話を聞いていたので、試しに買ってみたが、炊き方がつかめない。
初めての時は芯が残り、次はベチャベチャ。
あれこれ試してみて、それなりに炊けるようになった。

米を水に潤かす時間と、充分な蒸らしが鍵を握っていそうだわ。


  1. 2014/04/25(金)|
  2. いろいろな事
  3. | コメント:2

夜の橋。

最近は、夜も暖かく(?)いやいや、寒く感じなくなってきたので、三脚を出して明石海峡大橋と対岸の夜景なんぞを撮ってみる。

やっぱ、暖かい季節っていい。



淡路島の道の駅
  1. 2014/04/24(木)|
  2. 兵庫県
  3. | コメント:4

世界遺産の城

知ってはいたんだけれどもね。
平成の大改修ってことで、城の全景をみれず。
特に、世界遺産がどうのとか城がどうのっていう感じはないので構わないです。
のんびり城の周りを散歩。
そういえば、以前、城の敷地内にある市立動物園にもきたっけなぁ。



姫路城の周りのどっか。
  1. 2014/04/24(木)|
  2. 兵庫県
  3. | コメント:0

兵庫県の瀬戸内が、牡蠣の養殖が盛んな場所があるのは知らんかった。
きてみんとわからんもんだわ。



瀬戸内の海のどっか。

  1. 2014/04/24(木)|
  2. 兵庫県
  3. | コメント:0

『ゲイジュツ』ってやつ

こんなことをいっちゃたら芸術屋さんに怒られちゃうだろうけれども、芸術ほど「いい加減なものはないな。」と思う。
『作品に題名をつける→芸術作品になる』
これが、高名な作者だとすると皆が一様に唸ったり喝采したりする。
全く同じ作品を僕が作成しても、だれも唸ったり喝采したりしないだろう。
しかし、なんかの手違いで僕の作品が高名な作者の名前で出展されると、皆が唸ったり喝采しだしたりするという、ヘンテコな事が起こりえるのが芸術ってやつだ。
そんなことを考えながら撮影した一枚。



ある場所に、ガラス張りの空間があったので、その外に見える風景を撮ってみた。
これに『題名』をつければ、『作品』になる。
でも、これってちょっと微妙な行為でないだろうか?
いわゆる『人の褌で相撲を取る』っていうやつだ。

直島積浦・ベネッセハウス
  1. 2014/04/22(火)|
  2. 岡山県
  3. | コメント:0

我が輩は庶民派である。

「見えて見えず。知って知れず。」だったかな?
直径1.5mくらいの球体が二つ並んでいるオブジェの題名。
僕にとっては、どこら辺が見えて、どこら辺が知れずなのか全く知れず。
そんな僕の感想は、「こんなにでっかい石を球体にして尚かつ、ピカピカに磨く。それも二つも!大変だったべなぁ。」だった。
そんな僕は、作品とその題名の意味合いを眉間にシワを寄せて「う〜む。」と唸るよりも、解りやすいこんなアートの方が好きだ。



直島本町・空き缶アート

  1. 2014/04/22(火)|
  2. 岡山県
  3. | コメント:0

直島の定番

南の瓜と書いて「カボチャ」と読むっていう奴です。



直島積浦の海岸
続きを読む
  1. 2014/04/22(火)|
  2. 岡山県
  3. | コメント:0

集落に入ったら・・・。

『闇雲に歩く』
やっぱりこれが楽しい。



直島宮ノ浦

  1. 2014/04/22(火)|
  2. 岡山県
  3. | コメント:0

よくある事さ!

俗にいう『旅人あるある』です。



直島本村のどっか。
  1. 2014/04/22(火)|
  2. 岡山県
  3. | コメント:0

なんでここに来たんだろう?

芸術とは全く縁のない僕がなぜ?
まっ!近年、話題の島だしね。



直島本村のどっか。
  1. 2014/04/22(火)|
  2. 岡山県
  3. | コメント:0

新しい朝だ!

でっかい煙突です。
今は使っておらず煙突だけが残っている。
周りは更地にする工事をしていたけれども、この煙突の行方は・・・。



宇野市・おばけ煙突
  1. 2014/04/22(火)|
  2. 岡山県
  3. | コメント:0

観光地の定番

やっぱ、人力車と舟かな?



倉敷市美観地区

  1. 2014/04/21(月)|
  2. 岡山県
  3. | コメント:0

昔話の国へ

「きびだんご」の国
いやいや。桃太郎の国へやってまいりました。



倉敷市美観地区
  1. 2014/04/21(月)|
  2. 岡山県
  3. | コメント:0

さて、出発だ!

最近、キャンプ場で一日のんびりすることがなかったなぁ。
なんてことを思ったので、見方島のキャンプ場で、ハンモックに揺られながらビールらしきものを飲んでゆっくりした昨日。
思いの外、日中の気温が上がらずに少し肌寒かったけれどもな。
さて、原付と歩行者、自転車しか来る事ができないというある意味「聖地」とされているキャンプ場をでましょう!
ただ、そのためにはいきなりの登り坂が・・・。
無論、押して上がりましたけれどもね。



見方島キャンプ場

  1. 2014/04/19(土)|
  2. 愛媛県
  3. | コメント:0

最終型

花びらが散った後ってのをきちんと見たのは初めてのような気がする。



見方島キャンプ場

  1. 2014/04/18(金)|
  2. 愛媛県
  3. | コメント:0

話の種

とある方のTwitterでしった「ガリガリ君リッチ」
ずーと気になっていたんですよ。
この「リッチシリーズ」
いつも味が微妙なんですよね。
さて、今回のナポリタン味の感想はというと?
「いつもの如く、微妙な味わい。ただ、トマトゼリーがちょっと美味しい」
いつぞやのポタージュ味よりは良いかな?なんて思うが、リッチシリーズは、名前の通りちょいと高価。
130円だったかな?
本当に、アイスを食べたい時は、ノーマルのソーダ味を2個食べることをお薦めします。


  1. 2014/04/17(木)|
  2. 愛媛県
  3. | コメント:0

新しい朝だ!

今日は四国からの脱出だ!



松山市内の緑地公園
  1. 2014/04/17(木)|
  2. 愛媛県
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

taji

Author:taji
生活をリスタートするため退職をしたことを機に旅へ
2度目となる国内周遊の旅
移動手段:前回と同じく自転車
好きな物:酒と旅
嫌いな事:理不尽
大切にしている事:義理と人情
笑っているかと思えば急に怒りだし、怒ってたと思えばまた笑い出す。
そんな瞬間湯沸かし器のような私が旅をしますが「自分探し」はしません。
※20代前半の頃の体系を取り戻すために、密かにこの旅でダイエット効果も期待している。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
このブログの取扱説明書 (1)
準備中 (25)
コワザとコモノ (3)
北海道 (59)
旭川のこと (3)
北海道② (10)
青森県 (23)
秋田県 (4)
山形県 (8)
新潟県 (7)
長野県 (12)
富山県 (10)
石川県 (10)
岐阜県 (18)
福井県 (9)
滋賀県 (10)
京都府 (34)
兵庫県 (10)
鳥取県 (6)
島根県 (8)
山口県 (33)
福岡県 (21)
大分県 (17)
熊本県 (14)
佐賀県 (8)
長崎県 (31)
鹿児島県 (38)
宮崎県 (7)
広島県 (10)
愛媛県 (20)
香川県 (4)
徳島県 (3)
高知県 (26)
いろいろな事 (10)
岡山県 (9)
大阪府 (3)
奈良県 (3)
和歌山県 (20)
三重県 (18)
愛知県 (8)
静岡県 (8)
神奈川県 (2)
山梨県 (8)
北海道(本編) (67)
岩手県 (7)
宮城県 (3)
福島県 (4)
栃木県 (2)
茨城県 (3)
千葉県 (6)
東京都 (3)
埼玉県 (2)
群馬県 (3)
南の島シリーズ (2)
CAB50の旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。